ビタミンA油


ビタミンA油は皮膚に浸透すると基底層に働きかけ、表皮細胞の生まれ変わりを活発にする働きがあります。
ビタミンA油
冬菩提樹=フユボダイジュ花エキス(ビタミンA油)は、ボダイジュの花または葉から抽出して得られるエキスです。保湿作用・収れん作用・血行促進作用、抗酸化作用(SOD様・過酸化物生成抑制)があります。
TenNenDoでは、ビタミンA油の持つ、皮膚をやわらかくしたりかゆみを鎮静したりする効果が育毛と関連するため、配合しました。
[基原・組成・性状] タラ・マグロ・メヌケ等の内臓から得られる
[INCI]
vitamin A oil
[ビタミンA油に含まれる成分]
.

[これらのTenNenDo製品に使われています。]
G17-23育毛リストレーション

ビタミンA油
ビタミンAは、乾燥したお肌に潤いを与える役割をします。しわやシミの改善、乾性や角化性の皮膚の治療、ニキビの治療にも使われます。
ビタミンAが不足すると、皮膚の細胞の抵抗力も弱まり、細胞感染を起こしやすく、ニキビ・吹き出物のトラブルが多くなります。そして、毛髪も乾燥し枝毛・切れ毛が起こり、爪ももろくなり、さらに夜盲症の原因にもなります。
※他にもこんな製品の原料にも使われています。
口紅・乳液・美容オイル、味噌、マーガリン、チョコレート
育毛剤
植物性プラセンタことバイオアンテージを高配合、老化の原因と言われる「活性酸素」を吸収するヘマチンと血行促進やホルモンバランスを意識した成分で現在開発中