甘草エキス


甘草エキスとは、日本薬局方に収載されている広範囲に用いられる生薬
甘草エキス
◎「甘草」は日本薬局方に収載されている生薬です。 漢方薬に広範囲に用いられる生薬で、日本国内で発売されている漢方薬の約7割に使用されています。
[基原・組成・性状]
マメ科(Leguminosae)のGlycyrrhiza uralensis Fischer, Glycyrrhiza glabra Linne又はその他同属植物の根及びストロン。
[INCI]
Kanzou Ekisu.
[甘草エキスに含まれる成分]
[トリテルペノイド配糖体(サポニン)] glycyrrhizin, glabric acid 等
[フラボノイド] liquiritin, licoricone, licoflavone, licoricidin, formononetin 等
[その他] putrescin, glycyrol, isoglycyrol, glycyrin, glcycoumarin, deoxoglycyrrhetol 等

[これらのTenNenDo製品に使われています。]
育毛剤リストレーション

甘草
地中海地方、小アジア、ロシア南部、中央アジア、中国北部、北アメリカなどに自生するマメ科の多年草で、18種が知られていまず。根(一部の種類は根茎を含む)を乾燥させたものを生薬として用います。フケ・かゆみを防ぐために、ヘアケア製品に配合されていることが多いです。甘草の含有成分グラブリジンには、美白効果があり、美白化粧品にも配合されています。
※他にもこんな製品の原料にも使われています。
皮膚に塗布用として:育毛剤、発毛剤、フケ取りシャンプー、フケ取りトニック・医薬品として飲用した場合:(漢方薬として)風邪薬・解熱剤
ナチュラルトリートメント
髪と頭皮の健康のを両立して作りました。だからノンシリコンなのに手触りはサラサラ。 ヘッドスパにも最適なトリートメントです。
育毛剤
植物性プラセンタことバイオアンテージを高配合、老化の原因と言われる「活性酸素」を吸収するヘマチンと血行促進やホルモンバランスを意識した成分で現在開発中