リンゴ酸


リンゴ酸とは、「フルーツ酸」と総称されるものの一つ、疲労回復の効果を発揮します。pH調整剤、乳化剤など、さまざまな用途に利用されている。
リンゴ酸
リンゴ酸とは、クエン酸、乳酸、シトラス酸、グリコール酸などの有機酸と同じく「フルーツ酸」と総称されるものの一つで、美容系のモノや歯磨き粉などに使われています。このリンゴ酸は、クエン酸と一緒に含まれていることが多く、疲労物質である乳酸の分解を促進するため、クエン酸とともに疲労回復の効果を発揮します。 爽快感のある酸味を持つため、飲料や食品の酸味料として用いられる。また、pH調整剤、乳化剤など、さまざまな用途に利用されている。
[基原・組成・性状]
ヒドロキシ酸に分類される有機化合物の一種
[INCI]
Malic Acid
[リンゴ酸に含まれる成分]
アロイン、アロエエモジン、アロミチン、アロエシン、アロエソン、アロエマンナン、 抗シュヨウ、ホモナタロイン、ベータババロイン、サポニン、ウロン酸、ムコ多糖類複合体、ミルセン、リモネン オレンジ、コニフェリルアルコール、グルコサミン、ヘキスロン酸

[これらのTenNenDo製品に使われています。]
スタビライズシャンプー
育毛剤リストレーション

リンゴ
爽快感のある酸味を持つため、飲料や食品の酸味料として用いられる
※他にもこんな製品の原料にも使われています。
ニキビ薬、基礎化粧品、ふけかゆみ止めのトニック
スタビライズシャンプー
ヘマチン配合+天然系洗浄剤で作りました。活性酸素を吸収し頭皮と髪の若さを保ちます。 カラー毛、パーマ毛には特におススメ。
育毛剤
植物性プラセンタことバイオアンテージを高配合、老化の原因と言われる「活性酸素」を吸収するヘマチンと血行促進やホルモンバランスを意識した成分で現在開発中