TenNenDoは安全な製品作りと、10歳若返りを目指します。
 育毛剤とノンシリコン天然シャンプー
.

男性の脱毛、薄毛の原因

1.年齢、ホルモンバランス、遺伝
男性のはげの一番の原因は年齢です。加齢と共に毛根の働きが衰えます。そしてホルモンバランスが崩れます。 また、はげには個人差が大きく、遺伝が関係しているといわれています。
2.体のストレス/不規則な生活、アンランスな食生活
 栄養のバランスが悪いと睡眠が不規則になると体がストレスを受けます。油物、揚げ物などの摂取過多は育毛の妨げになります。またタバコはもっとも育毛の妨げになるといわれており、お酒の飲みすぎも良くありません。
2.心のストレス、精神的な疲労
 仕事そのものや人間関係、家族の仲、対人関係、精神的なショック、受験、多忙、環境の変化。こういったストレスが食欲不振・睡眠不足・イライラなどを招き、体の疾患へと発展すると共に抜け毛や薄毛の原因に。
4.間違ったシャンプー選びやお手入れ方法
シャンプーの洗浄成分に「ラウリルエーテル硫酸塩」などの硫酸系の成分を含む合成界面活性剤を使用している場合、頭皮組織を損傷してしまいます。リンスインシャンプー等も、動物性油脂やヌメリ成分が多く含まれ、髪の手触りは良くなりますが地肌に油が残り、毛穴に詰まると毛根の働きを妨げます。ワックスやポマードなどスタイリング剤を頭皮に付けてしまっている人は特に危険です。
 
spc
■皮膚ダニ+細菌の異常増殖、毛根の炎症
さらなる皮脂過剰の恐さは、こびりついた皮脂に細菌が発生し始める事です。毛穴にこびりついた皮脂は簡単な洗髪では取れず、根深いところにこびりついた皮脂はどんどん古くなり細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
この細菌のため頭皮や毛根が炎症を起こし、この炎症で毛母が細胞分裂できなくなります。さらに皮膚ダニ(少ない生息数なら問題にならない)も異常に増殖しはじめ、ついに毛根に運ばれてきた栄養素までを横取りして食べてしまいます。また頭皮上の皮脂は時間と共に酸化し、毒素に変わってしまいます。この毒素も同じように頭皮や毛根の炎症の原因となります。
この炎症は頭皮の血流にも影響し、栄養素が毛根に届かなくなります。
 立毛筋付近の毛隆起に幹細胞という発毛に関わる重要な役割を果たす部分がありますが、皮脂分泌の過剰はこの部分にも損傷を与え、発毛の根を絶つとも言われています。
 皮脂過剰による脱毛が「脂漏性脱毛症」と特に名づけられるくらい、この皮脂過剰による頭皮や毛根への悪影響は大きいのです。
■髪の材料は血液が運ぶ
 毛根のまわりは毛細血管が巻きついています。血液が流れないことには発毛は不可能。たとえば「ツルッパゲ」の人の頭皮を想像してください。「シワ」がないですよね? ピンと張った頭皮だから「まぶしい!」なんていわれるのです。 突っ張った頭皮と頭蓋骨のあいだに血管が通るのですから、圧迫されて血液がながれにくいのではげるのです。頭が固い人がはげやすい、というのはこういう理屈によるものです。

■ストレスではげル?
ストレスを溜めたからといって、物理的に何かが発生するわけではないのですが、血行が悪くなってしまいます。ストレスで円形脱毛症(10円はげ)が発症することがありますが、これは時間と共に回復しますのでまだいいですが、全体的な薄毛はげは直りません。「心のストレス」も「体のストレス」両方ともとても危険です。
心のストレスが解消できないなら、せめて規則ただしい生活で体への負担を減らすべきです。

■タバコ、お酒、生活習慣
生活習慣の中で、もっとも育毛に良くないのがタバコです。タバコは血管を収縮させる働きがあり、血流を妨げてしまうので毛根に栄養が行き届かなくなってしまうのです。ただし、お酒は脱毛の直接の原因にはならず、飲みすぎると体に悪いから脱毛につながりかねない、という程度の話です。暴飲暴食は控えましょう。

■シャンプーの選び方
髪にしっとり優しいシャンプーには、シリコンオイルが含まれていたり、リンスの働きをする合成ポリマーがふくまれていたりします。これらが毛穴に詰まってしまうと毛根の呼吸を妨げ、働きを抑えてしまいます。かといって、石鹸で洗うと、皮脂を取りすぎ、PHが高くなって頭皮の抵抗力を下げてしまいます。シャンプーは頭皮の状態を調整する、育毛で非常に重要な役割を持っています。

■シャンプーの仕方
頭皮を爪で引っかくようにガシガシあらうと、頭皮を傷つけ、時には毛根の損傷に至る場合があります。「揉む」「マッサージする」という血流を良くする洗い方を心がけてください。頭皮は常に清潔でないと脱毛の原因になってしまいますが、かといって「朝晩、2度洗い」の様な極端な頻度でシャンプーすると頭皮を傷め逆効果です。 毎日一回、泡立てば一度洗いのみで、泡立たない場合は2度洗いが理想です。

■トリートメントとスタイリング剤
シャンプー後に使うトリートメントや、洗い流さないタイプのトリートメント、いずれも「髪の補修や保護」にはなっても、頭皮には害があるだけです。トリートメントと育毛剤は違いますから、頭皮にはつけないでください。また、ワックスやポマードを頭皮に付け、毛穴に詰まると、自然に発生する皮脂以上に落としにくくなってしまいます。スタイリング剤は頭皮につかないよう、十分気をつけてください。
ただし、TenNenDoのナチュラルトリートメントに限っては、シリコンオイルを含まず、スクワランオイル(育毛に役立ちます)がベースになっている、ヘッドスパ仕様につくられたトリートメントです。育毛中の方でも頭皮が乾燥気味の方は頭皮にもみ込んでご使用ください。

TenNenDospc
G17-23シャンプー
G17-23育毛システム
G17-23シャンプー¥5960:
育毛剤リストレーション
G17-23育毛システム
育毛剤リストレーション¥3900:
育毛半年契約
G17-23育毛システム
育毛半年契約¥36000:
育毛半年契約
G17-23育毛システム
育毛1年契約¥67980: